FC2ブログ

女としての自信を持つ、金星の話

2012年占星術関連WS&リトリートのおしらす

IMG_4547_convert_20120318173312.jpg

女性としての自信というのはどこからくるのだろうか。

女性として自信がない故、結婚や恋愛で女性として認めてもらいたい人が世の中にたくさん居る事を
多くの女性の占星術鑑定をたくさんして知った。

見た目も美しく、頭もよく、そつなく社会の事はこなしている。
しかしながら、どこか溢れ出るセクシーなものはとうの昔から封印していて、そんなものは自分には
一切ないと思い込んでいる、自分を勘違いし、低く見積もり続けている30代女性の現実を目の当たりに
してきた、2年間だったと思う。

それは、まさしく私自身がそうだったからだし、彼女達に共感できるところが多かった。

その女性としての魅力はどの人のケースも「金星」による影響が大きい。

みんな自分の「金星」の部分がどこにあるかも知らないし、自分の金星の使い方だって知らない。
占星術をしらなければなおさら、理由わからず、女性として自信がなく自分に対して否定的になるばかりである。

金星力とは、「愛される力」である。

愛される力を全員が持っているが、土星や冥王星によって押さえつけられていたり、傷つけられている事はある。
そんなのは自分が持って生まれたことすら知らない事がほとんどだし、本人には罪がないといえばないのだ。

しかしながら
客観的に自分の魅力をどうやってより良くすれば良いか、という審美眼さえも曇り、フィルターを
とおした形でしか見れていない30代女性の多いこと。
半ばあきらめと、やっかみと、愛された経験のないことによって、ウエストラインは隠し、姿勢は丸くなり、
化粧もやめてぺたんこ靴しかはかない魅力封印に走って行く。

それでいて
相手に求める理想が高くなり、それらが自分に対する理想だと気づかないまま、結婚や恋愛相手の
ハードルだけをあげて、そんな夢のような話は自分にはおこらないかも知れない不安感で毎日を
過ごしているように見える。その不安を隠すために、ヨガにハマり、違う角度で自己肯定を始める女子も多い。

私は幼い頃、体が大きく、肥満っこだった。
幼い頃、周りの大人のコメントにぐさぐさ傷つき、辛かった事がある。
両親は食べ物を美味しそうに食べる私をみてもっと食べ物を与えた。

そして祖父母の家に行くと、「おおきいな~大きくなったらおまえは女子プロにはいったら良い」と
毎回の訪問で何度も言われる。
祖父母だけでなく、久しぶりに合う叔父や叔母にも言われる。

太っている、でなく、「大きい」と言われる事が悔しくてとっても辛くて、女子プロなんか女性らしさの
かけらも見られなくて、なんで女の子なのに、かわいいとか、美しい方向に導こうとはしてくれないのか、
という家族の無神経なところに幼い心はいつも憎しみを覚えてさえいた。

だから、幼い頃はおじいちゃんも、おばあちゃんもあまり好きではなかった。
見た目に太っている、というだけで、「愛されていない」勘違いが始まったのはその頃だと思う。
家族からは、「心が優しい」とか「頭がいい」とか、言われる事はなかった。
逆に
「ずる賢い」とか「太って大きい」とか「しっかりしている」とかいう言葉しか私の記憶に残っていなかった。
今思えばそれらの言葉が目立っていただけなのかもしれないけれどでも「かわいい」とか「女の子らしい」
とか女の子としての褒め言葉をいただけた事は記憶になかったと思う。

そして窮屈な日本という国を飛び出して
アメリカに高校留学した時、初めて学校で周りの生徒に囲まれて言われた言葉。
「You are so pretty!」(なんてあなた綺麗なの!)
Pretty って言葉になじみがなくて、Beautifulではないことに疑問を持ったが、pretty とは美しいという
意味だと知って、えも言われぬ活力を自分の中に感じた事を覚えている。
「私はprettyなんだ。どうやら女として認められている!」

そこから何となく世界が変わった事を覚えた。
その後英語がわからないのに、わけもわからぬまま、演劇部のヒロインをやらされた。
(台詞のないヒロインだったので)その後、小さい頃からの食べる事で幸福感を得る癖が続いていたので、
1年のアメリカ滞在で20kg太った。
それでも、アメリカの片田舎では、周りは日本人で変わっているだけでprettyと言い続けてくれたのだから
これまた恐ろしい。

アメリカから帰って、すぐ20kg太った私を迎えにきた母親がみて、びっくりしていた。

日本ではそこからが辛い毎日だった。

制服が以前来ていたものが合わない。
服を買いにいってもサイズなんてない。

ユニクロなんてない時代、オーバーサイズのコーナーにしか服はなかった。買い物に行く度に
情けなくて泣いて帰ってきていた。

そうやって
私の女の子の自信は取り戻した後、日本ではまた却下されていった。

その反動か、また大学生になり、また居心地のいいアメリカに何度も戻った。
その度にPrettyだといわれ、自信を取り戻しては、また日本にもどり、やさぐれてはアメリカに戻りしていた。
体重はどんどんへり、20kg減り続け、23歳になる頃には普通の人の体重になっていた。
その間、恋もし、人とも付き合い、二股もかけ、綺麗だ、美しいだ、の言葉になれっこになっていった。
でもそれはアメリカでの話、日本で「お綺麗ですね」なんて言われた事もなければ、
男には恐ろしがられるだけの、いちびった留学女子でしかなかった。

24歳の時に婚約していたアメリカに居た頃からつきあっていた最愛の人と別れてから、
また女としての自分に疑問を持ち始めた。そこから女としての自信はまた幼い時に感じたように、
否定されたように思い、だだ崩れて行ったような気がする。


そして仕事も何もだめ。挙げ句の果てに28歳で、見た目のコンプレックスに真剣に悩んだ。
その時あるヨガのワークショップに行った帰りに、
容姿のコンプレックスというのは自分が作り出して来た、現実というだけなのかもしれない、という事に気づいて、帰り道涙を流した。

お金なし、男なし、自信なし。

3拍子揃いすぎていて人生って結構辛いもんで、死にたいと思うことだってあるんだなと気づいた時。
(T冥王星□N月、キロン□キロン、サターンリターンなど)

そこから本格的に人生に取り組み始め、全てをなくしたあとから、必死で仕事をがんばるようになった。
占星術に出会ったことも大きかった。
そして30歳になって冥王星がついに、私の金星を破壊再生するタイミングがやって来た。

直前でつきあっていた彼にふられた。
だから一体なんの理由があってふられたのか、知りたくて占星術の影響をみたら、
金星が破壊されるという前だった。
そこから、一体金星ってなんなのさ?と研究を始めた。
その辺りから金星を知る事をし始め、冥王星による破壊が始まった。
再生して行く中で、自分の体に対するコンプレックスにもどんどん働きかけていく必要があった。
女性として愛される=自分を愛する事を教えてもらえなかっただけに、それらを自分で独学していった。

破壊再生が終わった頃、何度も、自己を愛する喜びに涙があふれた。
自分で自分の美しさを認めて行く事に感動を覚えた。見た目の善し悪しはそれらを簡単か、
あるいは難しくするのかもしれないが、やっぱり心のあり方一つで、自分を愛する事って
変われるんだなって実感した。それがいわゆる「女性としての魅力」「男性としての魅力」
自分の役割としての魅力に気づいていくのではないかと思った。

近年の事としては去年からハイヒール修行を始めた。
「でかい」「おおきい」という言葉が大嫌いだったので、168cmの私がハイヒールを履く事なんて
過去になかった。しかし、良く考えたら、日本で小さくかわいくなろうと思っても実際むりなのだから、
逆に大きさを生かした美しさを実践しようと思った。山羊座金星、何においても「高い」が美しい星座だ。
大きいからはける、美しくなれる靴を履きこなそうと。

そんな小さな努力で、姿勢や歩き方、全てが「美しさ」を意識するようになった。

その少しの変化で毎日の意識が変わる。

そうすると周りの評価もどんどん変わっていくのだから面白いものだ。

私が客観的にみて美人なのかどうかはどうでもよい。
私自身が自分満足な美人になれていれば幸せだ。
持って生まれた物をよりよく見せ、かわいがること、それがこの体を与えられた事実だと思う。
自分の見方が変われば人生は変わる。

わたしはバリ島で多くの時間を過ごしているが、どこをあるいても、バリニーズから、悪い気のない、
「かーわいいね~」という声がかかる。
もう35をすぎたおばさんに、かわいいと言ってくれるのは笑ける限りだ。
自分の魅力に下心がなければ、下心のない、やりとりですむものだ。

バリに住む友人は
「バリニーズとイタリア人は女とみれば、声をかけなければ失礼だとおもってるんやで」
という。まさしく、その慣習を知っているので、声をかけられてもありがと~ですむ。
それでいて悪い気はしない。いくつになっても可愛いって言われることは嬉しい限りなのだ。
そうやって、自分の女性としての価値に固執しすぎずも、軽い感じでとらえられるように
なってから本当に毎日の心が楽だ。

人はだれもあなたを変えてくれない。
あなたが自分を愛する限りは、誰からも愛される存在になる。
自分を愛する力、それが
「金星の力」なのだから。
IMG_4133_convert_20120318174522.jpg

金星の力を取り戻せるように、多くの女性が自分を愛する事を学べますように。
関連記事

テーマ : 占い
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして


お返事がおそくなりました。
コメントありがとうございます。

簡単なコメントのお返事しかできませんが、お許しください。



> 占星術に興味があり、この記事を見つけました。私は金星はノーアスペクト、細かく言えば火星とのセクスタイル、太陽との合しかありません。金星=女性としての喜びですよね。また、金星=周りの女性との関係、も表したりしますか?


金星にセクスタイルと合があれば、ノーアスペクトではないです。
チャートを見ないと私には何の判断もできないので、なんともいえないのですけど。。。

>金星=周りの女性との関係

これは当てはまるような、あてはまらないような。

コメントを拝見させていただくと、
金星というより、
月の方が様々な問題感じているように思えます。

それからお母様との問題という点においては
金星ではなく、月を見られる方がいいと思います。

11室は友達の部屋です
グループとか、企業とか、大勢で遊ぶ部屋。
そこにある月が上手く友達と共感できないと思っていたりするのかもしれませんね。

11室は水瓶座の部屋です。
水瓶座の特徴で悪く出る場合、私は悪くない、周りが悪い、とひとのせいにするところです。
もし、
「私は悪くない」
と感じていらっしゃるなら、見方を変えてみる事がいろんなトラブルや苦しみから抜けだす
良いきっかけとなるかと思います。



> 何が原因かというとずっと私に洗脳のように苦笑 辛くあたってきた母のせいとしてきました。
> ただ母をはじめとした女性、同年代の女性も気が合うと思えないし敵視されてるのか、仲間外れにしたいのか‥付き合い方かわからないのです、
> 私は一生女性や母に嫌われたり、自然に愛される事はないのかなぁ


思うに、
お母様から嫌われていらっしゃれば、生家に戻ったりできないと思います。
あと
その感覚に対してお母様と一度とことんまでお話される事もいいかと思います。

25歳をすぎれば、人生は誰のせいにもできません。
自分で働いて、自分で人生をものにして進んで行く事ができるんです。

自分がそう思っているだけ、ということは良くあることです。

あと、自分が他人をちゃんと愛していれば、他人は愛してくださいます。
これは全てにおいての大きなルールです。

お母さんを愛してらっしゃいますか?
女友達を愛してらっしゃいますか?

その前に、自分自身をちゃんと愛してらっしゃいますか?

自分に起こること全ては自分の世界で起こっていることです。
占星術を理解していけば、
紛れもなく、自分が自分の世界を作っている事がわかるはずです。
占星術の☆の配置がどうだから、こうだ、というのは単なるいいわけにしかすぎないんです。
占星術が素晴らしいのは

「こうだから、こうして行こう」

というソリューション、解決策がある事です。

人生は素晴らしいはずです。
そこから占星術を活用していってくださる事を願っています。

Patchouli

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

コメントありがとうございます!!

> すごく面白い記事でした!
> 私も昔から自分に女としての魅力を感じたことがありませんでした。
> 小さいころはずっとショートカットでスポーツ娘だったのでよく男の子と間違われてましたし、外見だけではなく内面も勝気で負けず嫌いだし;(月牡羊です)
> 私の金星は水瓶座逆行のノーアスペクトです。
> ノーアスペクトだと自分の魅力に関して意識しにくいってことはありますか?逆に意識しだすと暴走しそうで怖いです…


ノーアスペクトは基本的に、誰も突っ込んでくれない、状態の天体ですよね。
だから、確かに意識しなければ、「した方がいいよ!」とか言ってくれる天体がいないのと同じ。。。
でも意識したら、「し過ぎだよ!」とも言ってもらえないとも言えます。

小惑星などいれれば多分、アスペクトがあるかもしれませんが、いずれにせよ、もし意識したいな、と
思えば計画的に意識するのもいいと思います。
人間に備わったよくも、悪くもあるツール、「理性」を上手く使う事がノーアスペクトには
必要なのかもしれませんね!
人生は一度きりだから、女性として楽しめる事を楽しむのもいいと思います!自分で女性と認識していくと
楽しくなってくるかもしれませんのでたまには時間を取ってみてください〜




No title

返信ありがとうございます!

一応、金星のアスペクトは火星とセクスタイル(オーブ7度;で火星のアスペクトもこれのみ;)でMC合です。
金星と火星は恋愛の関係といわれるけどほぼノーアスに近い二つのせいか恋愛する機会少ないです;よけい女性としての自分を意識しにく気がしますね…
今のところその鬱憤を仕事(イラスト)で発散してます。笑

女性らしい、女として輝いている人をみるとすごく羨ましく思えます。いつも女性ばかり目で追って女性性コンプレックスの塊です。で
も自分がそうなりたいか?というとそうでもないし、自分らしくなりたいんです。自分の女性性を認めたくないだけなんですかね…よく分からなくなってきました…´`;

そうですね!
人生一度きりしかないので暴走しちゃう自分でも恐る恐る愛してあげようと思います^^
女性としての自分、見つかるといいな

この記事が好きです。

私は今、金星問題に悩まされています。そんな中、この記事に辿り着きました。ツイッターも拝見しております(^^)

太陽は射手座(7室)で、広く!遠く!自由に!行きたい!と願い、そんな男性と付き合ってきました。
なのに金星は蠍座で。獅子座木星とスクエア、乙女座土星とセクスタイル。嫉妬がひどい。

でも、金星が蠍だから、という理由にこじつけるべきではなく、むしろ私の自己評価の低さ、自信のなさ、絶対飽きられるに決まっているという思い込み、恐怖、不安が原因なのだろう・・・と認識できるまでに至りました。

patchouliさんは、ご自分でたくさん考え抜いた末に金星を愛せるようになったのですね。私もそうなりたいです。
自分の心の持ちよう・・・ どうすればそのような「心の持ちよう」になれるのか、まだ分かりません。試行錯誤の結果、見つかったり体得できたりするのでしょうか。自分に「私はこれで大丈夫」と言い聞かせればいいのでしょうか。

Re: この記事が好きです。

> 私は今、金星問題に悩まされています。そんな中、この記事に辿り着きました。ツイッターも拝見しております(^^)
>

ありがとうございます☆


> でも、金星が蠍だから、という理由にこじつけるべきではなく、むしろ私の自己評価の低さ、自信のなさ、絶対飽きられるに決まっているという思い込み、恐怖、不安が原因なのだろう・・・と認識できるまでに至りました。
>
> 自分の心の持ちよう・・・ どうすればそのような「心の持ちよう」になれるのか、まだ分かりません。試行錯誤の結果、見つかったり体得できたりするのでしょうか。自分に「私はこれで大丈夫」と言い聞かせればいいのでしょうか。

心の中での葛藤、誰もがありますよね、分かります。
ただ、
一つだけ確実なのは、どれだけ心の中に問題やいやな事があっても、
どうにかできるのは「自分」だけなんですよね。
だから、心の持ちようも、鍛えるというか、
自分で気付いて修正、気付いて修正、気付いて修正・・・を繰り返して
いくだけだと思うんです。

あるいは、腑に落ちる経験を積み上げる。
あるいは、その嫉妬というのがいつどこから根付いたのか、という根源までたどるというのも
よいと思います。

男性との関係に置いては、多くは初めて出会う男性との関係にあると言われます、いわゆる
ほとんどの方が父親ですよね。父おやの愛情がどこかへ言ってしまうのではないか、という幼い頃の
不安から来るものもあるでしょう。兄弟姉妹が出来て、その愛情を取られた気がした経験なども。

あるいは、母親との愛情の関係にも示されていたりもします。
ちなみに、木星とスクエア、土星とセクスタイルの金星は、嫉妬を助長する配置とは、私は思えないです。

いずれにせよ、
不安というのは百害あって一利なし、のたばこのようなものです。

その不安をいかに安心と思えるようにするのかも、自分の強さ、そして自分のよさ、
自分でいかに自分を愛する、大事にする事ができるのかによるでしょう。
そして他人、外からは誰も自分を変えてはくれませんし、自分が自分で自分の全てを
決定するという強い意志が必要になるのではないでしょうか!
気付く事が出来るというのは強みです!だって
何度も気付いて何度も修正するということが出来るのですから。
思考錯誤を続けてください。私も死ぬまで思考錯誤でよりよくなって行こうと思います。

パチュリ☆


No title

はじめまして
占星術を勉強していて、相性を学び始めようと思ったとき「自信」を見るのはどこだろうと思い、検索でこの記事に出会いました。
わたしも「山羊・金星」です。
お蔭でモテていた頃やはり5センチあるパンプスで駆け上がっていたことを思い出しました。

あ、メジャーアスペクトでノーアスの金星なので美意識高いとよく言われます。

大切なことを思い出させていただきました

ありがとう
sidetitleプロフィールsidetitle

Astro Patchouli

Author:Astro Patchouli
占星術コンサルタント:
Patchouli パチュリ

鑑定をご希望の方はコチラ

Ms. Patchouli パチュリ(いわさきゆうこ)
1976年神戸市生まれ 蠍座。
オーストラリア、バイロンベイ在住。
占星術コンサルタント、西洋占星術講師、ヨガ/占星術通訳。

京都在住中に経営していた、洋書古本店Green e booksの外国人顧客に
鑑定を受けて以来、西洋占星術の世界観、その精密で詳細を極める占術と覗けば覗くほど「本来のベストな自分自信」が浮かび上がることに驚愕し、魅了される。
300人のサンプル鑑定ののち、自分の出生図に示されている通り生きてみようと思い、
占星術鑑定を2009年より京都及び日本国内で本格的に行う。
日本で活動中の時は東京、関西、九州と、全国で占星術講座を行い、鑑定&セミナーも精力的に行っていたが
2013年、結婚して豪州に移住し、第一子の出産を期に日本での活動を休止。
以後、主婦業を中心に子育てとパートナーを支えることに従事してきたが、自分の出生図の導きにより
2017年ゆっくりと活動を再開中。
日本だけにとどまらず、英語でもSkype&対面で世界中(地元オーストラリア、イギリス、香港、ドイツなど)
のクライアントへの鑑定も行ってきた。

一流ホテルマン→テキスタイルバイヤー
→洋古書店経営→コンサルタント/講師/通訳
と様々な経歴を重ねてきたが
アメリカでのホテルマン経験、
インド/アジアでのテキスタイルバイヤー、
京都での自営業、通訳業、リトリート&講座オーガナイザー
そして主婦&母親として
様々な経験を持つ事でいろんな観点から、アドバイス出来る事に活かしている。

趣味はサーフィン、アートジャーナル、ウクレレ

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleブロマガsidetitle

紹介文:占星術コンサルタントPatchouli のブログです。
引き寄せの法則と占星術のエネルギー
を実際実験、体験し、意図的に利用する事で
毎日を楽しく、豊かに過ごすセオリーを紹介しています。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle