fc2ブログ

10/10のツイートまとめ

AstroPatchouli

お世話になっている、お二方から今日サプライズに引越し祝をいただく★すごい嬉しい~。そして海外にいる二人の方からSMSが。いただく日なのね~
10-10 22:49

@Ranjani66 赤です。
10-10 22:46

@chiru_michiru そういう日やな~◎
10-10 19:33

孔雀の羽を購入。イスラムでは、孔雀の羽は宇宙を表すらしい。毒蛇食べても平気なので、運がよい事を表すとか。何とも蠍座的だろうか。
10-10 19:30

門司港に連れてもらいました。 @chiru_michiru さん、ありがと~!今から京都へ帰ります★
10-10 18:41

スピリチュアル(精神性)ではなく、インスピレーショナル(直感性) を育てております。
10-10 10:34

目標に到達すると、新たな山を自分で作っている、という習性が、よくわかります。そりゃあ休むヒマない。なくてよい。これが、牡羊座の新しいものへ、ことへ、の特徴かもしれません。
10-10 10:31

@yuyan73 おつかれさま~晴れて良かったね!
10-10 09:53

@Unyan はっ!でもまだまだ、足りないよ~◎
10-10 08:41

小倉にて泊まってるホテルは、安心して眠れて体がこわばらない。眠っているあいだ、ヒトは冥界へ。私の冥界では、現実と登場人物ほぼ同じ。。。特に最近においては、いうこと、やることまで。ファンタジーなのとかが、ない。
10-10 07:36

行きたかったな~、彼のDJききたかったし!!RT @mimomissa 青山の今日オープンのクラブで踊りたおしましたあ。きむくんDJよかったー。音もよかった!
10-10 07:31

RT @qururi わっ、今日は20101010だ!割算しやすいなぁ。だから、何だってーか、まぁ、暇だから、気付くんですねー、こういうどうでも良いことに。暇を生きる人ー。
10-10 07:29

@tsuka24 あっ!それが。。。10月26日から、11月11日まで、ヨガツアーです笑。店にいない事も結構おおいので、また言っていただければ、店にいきます!
10-10 07:28

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Astro Patchouli

Author:Astro Patchouli
占星術コンサルタント:
Patchouli パチュリ

鑑定をご希望の方はコチラ

Ms. Patchouli パチュリ(いわさきゆうこ)
1976年神戸市生まれ 蠍座。
オーストラリア、バイロンベイ在住。
占星術コンサルタント、西洋占星術講師、ヨガ/占星術通訳。

京都在住中に経営していた、洋書古本店Green e booksの外国人顧客に
鑑定を受けて以来、西洋占星術の世界観、その精密で詳細を極める占術と覗けば覗くほど「本来のベストな自分自信」が浮かび上がることに驚愕し、魅了される。
300人のサンプル鑑定ののち、自分の出生図に示されている通り生きてみようと思い、
占星術鑑定を2009年より京都及び日本国内で本格的に行う。
日本で活動中の時は東京、関西、九州と、全国で占星術講座を行い、鑑定&セミナーも精力的に行っていたが
2013年、結婚して豪州に移住し、第一子の出産を期に日本での活動を休止。
以後、主婦業を中心に子育てとパートナーを支えることに従事してきたが、自分の出生図の導きにより
2017年ゆっくりと活動を再開中。
日本だけにとどまらず、英語でもSkype&対面で世界中(地元オーストラリア、イギリス、香港、ドイツなど)
のクライアントへの鑑定も行ってきた。

一流ホテルマン→テキスタイルバイヤー
→洋古書店経営→コンサルタント/講師/通訳
と様々な経歴を重ねてきたが
アメリカでのホテルマン経験、
インド/アジアでのテキスタイルバイヤー、
京都での自営業、通訳業、リトリート&講座オーガナイザー
そして主婦&母親として
様々な経験を持つ事でいろんな観点から、アドバイス出来る事に活かしている。

趣味はサーフィン、アートジャーナル、ウクレレ

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleブロマガsidetitle

紹介文:占星術コンサルタントPatchouli のブログです。
引き寄せの法則と占星術のエネルギー
を実際実験、体験し、意図的に利用する事で
毎日を楽しく、豊かに過ごすセオリーを紹介しています。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle